文字サイズ:

保健だより

平成29年度

4月q 5月 6月 7月 8月 9月
10月 11月 12月 1月 2月 3月
平成28年度

 4月q 5月 q 6月 q 7月 q 8月 q 9月 q
 10月q 11月q  12月 q 1月 q 2月 q 3月 q

保健室からのお知らせ


(学校感染症による欠席の取り扱い)

下記のような感染症にかかった場合,学校保健安全法第19条により学校内流行の防止,および個人の疾病予防のため出席停止扱いとなります。
したがって,これらの感染症にかかったときは,医師の指示する期間は登校を停止してください。

病名と出席停止の期間

 

病   名

期   間

第1種

エボラ出血熱、ペスト

クリミア・コンゴ出血熱

マールブルグ病

ラッサ熱、急性灰白髄炎

ジフテリア、痘そう

重症急性呼吸器症候群(SARSコロナウイルスに限る)

南米出血熱

鳥インフルエンザ(H5N1)

 

 

 

治癒するまで

 

病   名

期   間

第2種

インフルエンザ(鳥インフルエンザH5N1を除く)

発症後5日を経過し,かつ解熱後2日を経過するまで

百日咳

特有の咳が消失するまで又は5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで

麻疹(はしか)

解熱後3日を経過するまで

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)

耳下腺,顎下腺又は舌下腺の腫れが発現した後5日を経過し,かつ全身状態が良好になるまで

風疹

発疹が消えるまで

水痘(みずぼうそう)

すべての発疹がかさぶたになるまで

咽頭結膜炎

主症状がなくなって後2日を経過するまで

結核

病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認められるまで

髄膜炎菌性髄膜炎

※「○○した後△日を経過するまで」とした場合は,「○○」という現象が見られた日の翌日を第1日として数えます。

例えば「解熱した後2日を経過するまで」の場合は,以下のとおり。

 月曜日に解熱  → 火曜日(解熱後1日目) → 水曜日(解熱後2日目)→(この間発熱がない場合)→ 木曜日から出席可能

 ※ただし,第二種の各出席停止期間は,基準であり,病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認められる場合についてはこの限りではありません。

 

病   名

期   間

第3種

腸管出血性大腸菌感染症

流行性角結膜炎

急性出血性結膜炎

コレラ・細菌性赤痢

腸チフス・パラチフス

※その他の感染症

病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認められるまで

※その他の感染症とは
学校で起こった場合,その流行を防ぐため,必要に応じて校長が第3種の感染症として措置を取ることができる疾患です。
医師の指示によっては出席停止の措置が必要と考えられる疾病例

溶連菌感染症・ウイルス性肝炎・手足口病・伝染性紅斑・ヘルパンギーナマイコプラズマ感染症・流行性嘔吐下痢症など

 これらの感染症にかかった場合は,すみやかに学校までご連絡ください。本校では,証明書を取っていません。
したがって,医師より指示された出席停止期間を確認いただき,登校に関しては,必ず医師の許可を受けるようにしてください。

(2)児童生徒の与薬について

現在,本校では保護者から依頼があった場合に限り,保護者の方々に代わって与薬をしています。今後も,慎重に対応していくために,与薬については,次のとおり取り組んでまいりますので,趣旨をご理解の上,御協力をお願いいたします。

1 学校での与薬は,医師により処方された薬で,学校管理下(登下校中は含まない)において必要とするものを対象とします。
  2 与薬は,保護者から提出された「与薬依頼書」に基づいて行います。
    (1)発作が起きた場合や発熱したときに必要な緊急薬(坐薬・解熱剤など)については
       ・・・様式①(預かり薬) ダウンロードPDF

    (2)数ヶ月または長期間にわたり昼食後などの決まった時間に必要な薬(デパケン,セルシン,貧血の薬,アレルギー薬など)については
       ・・・様式②(定期服用) ダウンロードPDF

    (3)短期間一時的に必要な薬(風邪薬,抗生物質,下痢止めなど)については
       ・・・様式③(臨時服用) ダウンロードPDF
 
  3 与薬依頼書の記入については,必要事項をもれなく記入してください。(薬の容器や袋にも名前を記入してください。)
    なお,薬の説明書(「お薬について」「あなたのお薬」など,薬局でもらうお薬の作用が書いてある用紙)のコピー等を可能な限り提出してください。    (学校でコピーもいたします)

  4 「与薬依頼書」により薬の使用を開始しますので,薬を使用する前に提出してください。やむをえず遅くなる場合には,連絡帳などで担任に知ら せてください。(翌日には必ず提出してください)

  5 「与薬依頼書」様式③は,体調により急に必要となるので,連絡帳に常時入れておきます。与薬が必要になった場合は記入して提出してください。様式①と様式②は必要な該当者のみお渡しします。

  6 預かり薬で,有効期限を過ぎた薬は,事前にお知らせいたしますので,保護者が責任をもって新しいものととりかえてください。新しい薬が届きしだい,古いものをお返しいたします。

  7 「与薬の方法(与薬の量・種類など)」が変更になった時は,その都度「与薬依頼書」を提出していただくようになりますので,担任までお知らせく ださい。