文字サイズ:

弾道ミサイルが飛来・落下する可能性がある場合の対応について

1 全国瞬時警報システム(Jアラート)による緊急情報が発信された場合
   弾道ミサイルが日本に飛来・落下する可能性がある場合,Jアラートにより防災行政無線等で警報が流れるほか,緊急速報メールが配 信されま  す。緊急情報を聞いたら,落ち着いて次の行動をとってください。
 (1) 登校前の場合
   ア 自力通学
    (ア) 通学の安全が確保されるまで自宅待機とする。
    (イ) テレビ,ラジオ,インターネット等の情報で,安全が確認された時点で登校する。
   イ スクールバス通学
    (ア) 通学の安全が確保されるまで自宅待機とする。
    (イ) テレビ,ラジオ,インターネット等の情報で,ミサイルが通過した等の安全が確認された時点でスクールバスのバス停に向い乗車し登校する。
    (ウ) スクールバスの運行が大幅に遅れるなど,緊急やむを得ない事態の場合は,別途スクールバスから連絡する。
 (2) 登校している場合
   ア 授業中
    (ア) 教室にいる場合は,窓から離れて机の下に身を隠し頭部を守る。
    (イ) グラウンド等校舎外にいる場合は,教室に戻り窓から離れて机の下に身を隠し頭部を守る。
    (ウ) その他,必要がある場合は校内放送により退避行動等を指示する。
   イ 休憩時間,放課後部活動の場合
    (ア) 教室にいる場合は,窓から離れて机の下に身を隠し頭部を守る。
    (イ) グラウンド等校舎外にいる場合は,教室に戻り窓から離れて机の下に身を隠し頭部を守る。
  (3) 登下校中,校外学習,休日の場合
   ア 屋外にいる場合
    (ア) 近くのできるだけ頑丈な建物や地下に避難する。
    (イ) 近くに適当な建物が無い場合は,物陰に身を隠すか地面に伏せ,頭部を守る。
   イ 屋内にいる場合
    (ア) できるだけ窓から離れる。
    (イ) できれば窓のない部屋へ移動する。
   ウ 自動車等の車内にいる場合
    (ア) 車の燃料のガソリン等に引火する恐れがあるため,車外に出て頑丈な建物や地下に避難する。
    (イ) 周囲に適当な建物がない場合は,車から離れて地面に伏せ,頭部を守る。
    (ウ) スクールバスに乗車している場合は,車内で姿勢を低くし,頭部を守る。
2 近くにミサイルが着弾した場合
   ア 屋外にいる場合は,口と鼻をハンカチで覆いながら,現場から直ちに離れ機密性の高い屋内の部屋または風上に避難する。
   イ 屋内にいる場合は,換気扇を止め,窓を閉め,目張りをして室内を密閉する。
   ウ 弾頭の種類に応じて被害の様相や対応が大きく異なるため,テレビ,ラジオ,インターネット等を通して,情報収集に努めるとともに,行政から
    の指示があればそれにしたがって行動する。
3 落下物らしきものを発見した場合
   ア 決して近寄らず,警察・消防に連絡する。
   イ 校内で発見した場合は,教職員に連絡する。

「県立学校夏季一斉閉庁」の試行実施について

                   「県立学校夏季一斉閉庁」の試行実施について(お知らせ) 

 平素から本校の教育活動に御理解,御協力いただきありがとうございます。
 平成29年度の夏季休業期間中に「県立学校夏季一斉閉庁」を全県立学校において試行実施します。
 そのため,一斉閉庁期間中は学校業務を行っておりませんので御注意ください。
「県立学校夏季一斉閉庁」の概要,期間,目的及び内容等については,別紙を参考にしていただき,試行実施への御理解,御協力をお願いします。

お知らせ(警報発令時における臨時休校等の判断について)



 警報発令時における臨時休校等の判断について

 気象状況による警報発令時の対応について,ご確認をお願いいたします。

気象状況による警報等が発令された場合,あらゆる状況を判断して,児童生徒の安全を期するために,臨時休校,登校時間の繰り延べという判断をさせていただくことがございます。御協力をよろしくお願い申し上げます。

※朝6時の判断(確実な予測が立つ場合はそれ以前)

○臨時休校の場合は,朝6時30分までに連絡をします。

○6時30分までに連絡のない場合には通常の登校です。

○ホームページ等でも情報提供します。